メルカリユーザーは利用すべき?バーコード決済「メルペイ」のメリット・デメリットとは?

大手フリマアプリの「メルカリ

そんなメルカリにもキャッスレスに強いことをご存知でしたか?

メルカリにはバーコード決済の「メルペイ」です

メルカリをそんなに利用しない方でもオススメできるバーコード決済になります!

今回、そんなキャッシュレス決済メルペイについて紹介したいと思います。

メルペイの特徴とは?

メルペイは、なんといっても電子マネーの「iD」に対応しているのが特徴的です。

iDの加盟店は全国80万ヶ所にも上り、他のスマホ決済サービスと比べると、使えるお店の数はトップクラスになります。

現時点では、iDを使うメルペイが使える店舗数では抜きに出ています。

さらに、コード支払い」にも対応しているため、より幅広い決済ができます!

また、メルペイとLINE Payの業務提携が完了し、LINE Payとメルペイにおける加盟店の相互開放および、両社参画による加盟店アライアンスを推進していくことになりました。

なので、両社の加盟店を相互開放し、両方のユーザーが利用できるように!

メルペイのメリット・デメリット

メルペイのメリット

メルカリの売上金が使える

これまでメルカリの取引によって得た売上は、銀行口座に振込申請をして引き出す必要がありました。

しかし、メルペイならそのような手間をかけずとも、売上金をそのままお店での支払いに使うことができます。

さらにメルカリで得たポイントも、1ポイント=1円で利用できるので、余ったポイントの有効活用ができます!

口座に振込申請する際は手数料が200円かかってしまうので、それが無くなるのは嬉しいですよね!

モバイルSuicaにチャージできる

メルペイを利用すると、売上金やメルカリポイントをモバイルSuicaにチャージできます。

買い物以外に、売上金とメルカリポイントの使い道が増えるので、メルカリユーザーで電車によく乗る方にはオススメ!

メルペイスマート払いができる!

メルペイでは、メルペイスマート払いというサービスがあります。

これは、手持ちの売上金や現金がなくても決済できる後払いサービスで、1か月後にまとめて支払うシステムです。

「売上金が入金されていないけれど、いますぐ買い物したい」方にうれしいサービスではないでしょうか。

メルペイのデメリット

クレジットカードからチャージできない

メルペイで支払いをするには、メルカリの売上金や銀行口座のお金を事前にチャージ(入金)しなければなりません。

イメージとしてはプリペイドカードに近いと思います。

チャージするのに手数料は一切かかりませんが、最低チャージ金額は1,000円からになります。

ここで注意したいのが、クレジットカードを使ったチャージには対応していないという点です!

そのため、チャージによるカードのポイント還元を受けられません。

メルペイはお得さというよりも、利便性に重きを置いたサービスのため、PayPayや楽天Payのようにポイント還元を重視する方には不向きと言えます。

まとめ

今回、メルペイのメリット・デメリットについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

普段からメルカリを使っており、売上金やメルカリポイントが貯まっている人にぴったりの決済サービスです!

また、普段メルカリを使っていない方も、対応する銀行口座を持っていれば、誰でもメルペイを利用する事ができます。

メルペイの公式ホームページでは、初心者向けに使い方が紹介されているので、まだスマホ決済をしていない方でも安心!

いろいろな決済サービスが登場しているので、どれにするか迷った方は、ぜひメルペイを検討してみてはいかがでしょうか?

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事