ヤフオクの「入札取り消し」手続きの注意点とは?ペナルティはある?

ヤフオクで「欲しい商品に入札していたのに取り消されてしまった」や「出品していた商品の入札者から入札取り消しを依頼されてしまった」という経験はありませんか?

実は、この「入札取り消し」にはさまざまなパターンがあります。

特にサイズや送料などをよく見ずに入札してしまって、取り消したいということがあります。

一度入札すると入札者側からは基本的にキャンセルすることはできません。

ヤフオクの公式発表でも、入札の取消をする場合は出品者に連絡する必要があると明記されていて、直接出品者とやり取りをすることが唯一の解決方法になります。

また、取り消しをすることでペナルティーなどを受けてしまうのか不安に思う方もいるかと思います。

そこで今回、ヤフオクの「入札取り消し」する方法やペナルティについて紹介します。

「入札取り消し」する方法

出品者側が入札取り消しを行う手順は以下の通りです。

1.マイ・オークションの「出品中」で出品したオークションの一覧から、取り消したい入札がある商品名を選ぶ

2.商品ページが表示されるので「オークションの管理」欄で、「入札の取り消し」を選ぶ

3.入札者の一覧が表示されるので、取り消したい入札者の横に表示されている「取り消し」をタップ

4.入札の取り消しの確認ページが表示されるので、「入札を取り消す」をタップで取り消し完了

大きなペナルティーを受けることはありませんが、取り消された入札者は同じオークションには再入札できなくなります。

落札者側は本当に間違って入札してしまい、欲しい物ではないのを買わされるのは避けたいですよね?

まずは、出品者に入札取り消しをしてもらえるように丁寧にお願いしましょう!

入札が取り消されないまま「落札者」となった場合、落札者自身で支払いの手続きをしなければ、代金が勝手に支払われることはありません。

ただし、その場合でも悪い評価がついてしまうのは覚悟しておきましょう!

また、「入札の金額を間違えて入力してしまったのでキャンセルをしたい」という場合、金額を再設定して入札しましょう!

落札後の取り消しはできる?

落札後でも取り消しすることはできます!

落札後(決済前)で取り消しする場合

1.落札後(決済前)にキャンセルするには、「落札者削除」を行う

2.取引ナビから落札者にキャンセルの連絡をする

3.マイ・オークションでキャンセルしたい商品を選び「落札者を削除」を選ぶ

4.「出品者都合」か「落札者都合」のいずれかを選ぶ

落札後(決済後)で取り消しする場合

1.取引ナビから落札者に連絡する

2.合意を得たら、マイ・オークションで返金したい商品を選択し「取引を中止する」をクリック

3.確認画面で「落札者に連絡しました」にチェックして「取引を中止する」を選ぶ

4.売上金管理ページに「キャンセル」と表示されたら返金完了です。

ペナルティーはある?

主なペナルティーとしては落札者を削除する場合に出品者は「出品者都合」または「落札者都合」を選択することになります。

このとき、選択された側へ「非常に悪い」の評価が自動的につくようになっています。

また、落札者削除で最も注意する必要があるのが「期限がある」という点になります。

ヤフオクで落札された場合は出品者がYahoo!に自動的に落札システム利用料を支払うシステムになります。

落札システム利用料の決定には、以下のような期限になります。

・終了日が15日まで=当月末、もしくは終了日~14日以内の早い方を優先
・16日以降末日まで=終了日~14日以内

支払う手数料は以下のようになっています。

・落札システム利用料が発生してしまった場合は落札した金額×10%(税込)を支払う

・Yahoo!プレミアム会員であれば落札した金額×8.8%(税込)を支払う

そのため、落札者が決まったオークションをキャンセルする場合は、すぐに「落札者の削除」を行わないと手数料を払うハメになるので、注意してください!

まとめ

今回、ヤフオクの入札取り消し方法や取り消しした際のペナルティーについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

取り消しを交渉する場合は、あくまで入札側の自分のミスであることを理解して、お願いするという意識でケンカ腰にならなってはいけません!

丁寧な対応を心がけて出品者に連絡しましょう!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事