ヤフオクのアプリはとても便利!出品をさらに便利にする方法とは?

ヤフオクに出品する方法はパソコンだけでなく、スマホアプリからもできます!

気軽に出品するなら、アプリから出品するのがとても断然便利です。

ヤフオクのアプリはシンプルな構造になっているので、出品はとても簡単でかつ、いつでもどこでも出品することができます。

今回は、ヤフオクアプリを使った出品方法や、さらに出品を便利にするテクニックまで紹介します!

アプリからの出品方法

出品初体験のは最初はどうしても少し時間がかかってしまうかもしれませんが、逆に、慣れてくれば5分もかからずに出品することはできるようになります。

ただ、お互いに満足のいく取引を行うためにも、はじめのうちは「スピード」を重視するのではなく、落札する方のことを思って、丁寧に出品することをオススメします。

まず最初に

アプリで出品する際は、画面下部にあるカメラマークの出品ボタンを押してください。

すると、フリマ出品オークション出品を選べる画面に移行します。

今回はオークション形式での出品方法で紹介します。

画像や商品情報を設定しよう!

出品方法を選択すると次に画像や商品情報を入力するページに移行します。

入力事項は以下の画像の通りになります。

最初に画像を設定しましょう!

あらかじめ撮影しておいた写真をアルバムから選んでもOKですし、その場で撮影した画像でもOKです。

さらに画像をタップすれば、写真の明るさを調整したりコメントを入れることもできます。

商品情報を記入しましょう!

画像の設定が完了したら次は商品の情報を記入していきます。

タイトルの書き方によっては、入札数やウォッチ数を増やすことができるので、大変重要な部分になります。

65文字以内で分かりやすい商品名を心がけて記入しましょう。

タイトルも決まれば、次にカテゴリーを選択しましょう!

カテゴリー設定は、入札希望者はカテゴリで検索する傾向があります。

なので、購入検討者が検索しやすいカテゴリーを選びましょう!

カテゴリーの次は商品の状態を設定しましょう!

商品の状態は6パターンあるので、最も当てはまる状態にチェック入れましょう!

間違った状態にチェック入れると悪い評価に繋がるので、ちゃんと当てはまる状態を設定しましょう!

次に商品説明を記入していきましょう!

そのまま入力しても問題ないのですが、アプリなら定型文を利用することができます。

説明文入力欄の左下に「定型文」という項目があるのでタップしてみてください。

するとカテゴリごとの定型文が表示されます。

選択して適用すると、以下のような定型文が説明文に記載されます。

なので、あとは必要な部分だけ情報を入力するだけ!

価格を設定しよう!

続いて商品価格を決めていきましょう。

オークション出品する場合は、開始価格と即決価格を設定しましょう。

しかし、必ずしも即決価格は設定しなくても出品することはできます。

即決価格を設定しておけば、早期に落札してくれる可能性がとても高くなります。

しかし、落札額が即決価格より上がらなくなるというデメリットもあるので、少し価格設定をする際は考えることをオススメします。

開始価格は、過去の落札相場から決めるか、あらかじめ決めた価格にするか、決めましょう!

過去の落札相場から決める場合、開始価格の入力欄の上にある「いくらで売れるか調べる」をタップしましょう。

そうすると過去の落札相場を見ることができます。

他にもオークファンというサイトを利用すれば、ヤフオクだけではなく、bayやセカイモンといった世界規模のサイトで落札された価格がわかります。

オークファンの特徴や相場の調べ方などについて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

終了日時や配送方法を選択しましょう!

最後に終了日時と配送方法を選択しましょう!

送料の負担は「出品者負担」か「落札者負担」かを選ぶ事ができます。

出品者負担にすると、タイトル画面に「送料無料」と表記され、注目されやすくなります。

配送方法は、ヤフネコまたはゆうパケットなどの全国一律料金があり、便利です。

また、匿名配送も行っています。

終了日時は、ヤフオク利用者が一番多くなる日曜日の20~21時、もしくは21時~22時に設定すると落札されやすくなります。

設定が完了したら、必ず最後に「保存する」を押しましょう!

もし押し忘れてしまったら、一からやり直しになってしまうので。

ヤフオクのアプリにおいての注意点

ヤフオクのアプリではできないことが色々あります。

以下の通りです。

ヤフオクストアからは出品できない

まず1つ目は、ヤフオクストアから出品できません。

ヤフオクアプリでは、個人しか出品できません。

特定カテゴリ商品の出品ができない

2つ目は、ヤフオクアプリでは、以下のカテゴリ商品を出品できません。

・車両(車・バイク)

・アダルト商品

しかし、すでに上記の商品を出品済みで、それを再出品するだけならアプリからでも出品することはできます。

一部オプションが利用できない

3つ目は、PRオプションなど一部オプションが利用できません。

利用できないオプションは以下の通りです。

・あなたへのおすすめオプション

・アフィリエイト

・みんなのチャリティー

料金表ページリンク設定ができない

4つ目は、配送料を記載する時に、料金表ページリンク設定ができないことです。

アプリから出品する場合は、全国一律送料設定を利用してください。

ゲームアカウント出品は、一部検索結果に表示されない

5つ目は、ゲームアカウントに類する商品を出品した場合に、以下の検索結果に出品商品が表示されません。

・カテゴリ検索結果

・キーワード検索結果

・出品者の出品商品リスト

まとめ

今回、ヤフオクのアプリで出品する方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ヤフオクアプリは、簡単に出品できることが最大のメリットと言えます。

しかし、たくさん出品したり多くの商品を閲覧するには、PCのほうが断然便利です。

そのため、アプリとPCを併用するのもオススメです。

たくさんの出品物を管理したりオプション設定を充実させたい時はPCを活用し、こまめにウォッチ数や入札状況をチェックする時はアプリを使うと便利です。

アプリとPC版は連動しているため、どちらからでも出品・管理ができます。

初心者はアプリから始めて、実績を積みたくさん出品するようになればPCを使い始めてるのもオススメです。

ぜひ、アプリとPCの両方を活用して、売上UPに繋げていきましょう!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事