ジャンル別に紹介!ヤフオク手数料ってどのくらい?

ヤフオクは利用者数の多いオークションサイトで有名です。

新品だけでなく不用品や中古品を売買することができるので、利用したことのある人は多いと思います。

しかし、ヤフオクで商品を出品する時は落札システム利用料などの各種手数料が必要になります。

手数料についての知識があまりないとヤフオクで利益を上げるのは難しいといってもいいと思います。

そこで今回は、ヤフオクの手数料について紹介していくので、今後のヤフオク取引の参考にしただけると幸いです。

出品者がYahoo!の支払う手数料

落札システム利用料

商品が落札されれば「落札システム利用料」の名称で、落札代金×10%が徴収されます。

しかし、Yahoo!の有料会員の「Yahoo!プレミアム」の場合は8.8%と安く、使える機能やオプションにも制限がなくなります!

また、入札のある出品を途中で取り消すと「出品取消システム利用料」として550円(税込)徴収されます。

ただし、以下のカテゴリにあてはまる商品の取り消しについては、出品取消システム利用料が3,024円(税込)になるので注意してください!

・自動車、オートバイ > キャンピングカー(車体)

・自動車、オートバイ>部品取り車

・自動車、オートバイ>中古車・新車

・自動車、オートバイ>トラック、ダンプ、建設機械>車体

・自動車、オートバイ>バス>車体

オプション代金

ヤフオクには以下の有料オプションがあり、使った場合のみ代金が徴収されます。

注目のオークション22円(税込)/1日あたり
各カテゴリのオークション一覧ページ上部にある「注目のオークション」欄に掲載できる
あなたへのおすすめコレクション落札価格×設定料率
マイ・オークションや商品ページ(詳細な残り時間)の「あなたへのおすすめコレクション」に掲載される

特定カテゴリの出品

特定カテゴリでは落札システム利用料のほかに、出品システム利用料・出品取り消しシステム利用料」がかかるカテゴリがあります。

通常とは手数料が異なるカテゴリがあるので、事前に対象のカテゴリが通常とは違うのか確認しておきましょう!

最初にも紹介しましたが、以下のカテゴリでは、出品システム利用料3,024円(税込)が必要になります。

・自動車、オートバイ>バス>車体

・自動車、オートバイ>キャンピングカー(車体)

・自動車、オートバイ>中古車・新車

・自動車、オートバイ>トラック、ダンプ、建設機械>車体

・自動車、オートバイ>部品取り車

以下のカテゴリでは、落札システム利用料3,024円・出品取消システム利用料540円(税込)が必要になります。

・スポーツ、レジャー>船、ボート>船体>セーリングボート

・スポーツ、レジャー>船、ボート>船体>モーターボート

・スポーツ、レジャー>船、ボート>船体>バスフィッシング用ボート

以下のカテゴリでは、落札システム利用料1,944円(税込)・出品取消システム利用料540円(税込)が必要になります。

・自動車、オートバイ>オートバイ>オートバイ車体

・スポーツ、レジャー>船、ボート>船体>水上オートバイ

送料込の値段に落札システム手数料がかかる?

送料と手数料(落札システム利用料)との関係を確認しましょう!

例えば、商品の値段が3,000円で送料が700円かかる場合、落札システム利用料はYahoo!プレミアム会員でない場合の10%で考えます。

◇送料が落札者負担の場合◇
商品価格:3,000円  落札システム利用料:300円

◇送料は出品者負担、ただし商品価格に上乗せした場合◇
商品価格:3,700円  落札システム利用料:370円

落札システム利用料は商品の落札額を基準に算定されるので、送料込みで設定すると、落札システム手数料が割増してしまいます。

そのため、「送料無料」と強調して実は送料を商品価格に含ませておくというやり方は、結果的に損する場合があります!

利益が目減りしないよう、出品者と落札者のどちらが送料を負担するのかをよく考えてから出品することをオススメします。

まとめ

今回、ヤフオクの手数料について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ヤフオクは多くの人が利用するオークションサイトですので、出品者にとっては魅力のあるサービスです。

ただ、落札額の8.64%または10%という手数料の高さがネックになります。

高額な手数料のために利用を躊躇されている方も多いのではないでしょうか?

もっとも、手数料は落札者が安心してヤフオクを利用するためには必要不可欠になります。

落札希望者を集めるには手厚い保護が必要で、そのための費用を手数料という形で支払っていると考慮すれば、高額な手数料負担も仕方がないと割り切れるかと思います。

手数料をいかに落札者に負担させるかを考えてはいけません!

しっかりヤフオクのガイドラインを守って、気持ちの良い取引を行ましょう!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事