ヤフオクマニュアル本!ヤフオクの使い方!

ヤフオク以外にも、メルカリやラクマなど、個人でも不用品や商品を気軽に販売できるサービスはたくさんあります。

その中でも、ヤフオクは国内の老舗オークションサイトであり、出品・落札ともにユーザー数が多いサービスになります。

そこで今回、ネットを使って物を売るには欠かせないヤフオクについて詳しく紹介します!

ヤフオク出品に興味はあるけれど、登録方法や使い方がよくわからない…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ヤフオクはアプリもあります!

アプリでできて、ウェブ版ではできないことがあったりします。

アプリでのやり方についても詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも「ヤフオク!」とは?

yahoo!JAPANが運営する「ヤフオク!」は、国内最大級のネットオークションサイトになります。

出品点数は常時6500万点以上もあります。

オークションサイトの老舗なだけあり、ユーザーの本人確認制度や出品・入札者の評価制度が整っており、安心して取引できるように色々工夫されています。

利用料金も明確になっていて、以下の通りです。

利用料金

入札ならびに落札:無料

出品:月額462円(税抜き) ※Yahoo!プレミアム会員費用(フリマモードでの出品は無料)

販売手数料】(出品者負担です

Yahoo!プレミアム会員の場合:落札価格の8.8%(税込)

一般会員の場合:落札価格の10%(税込)

オートバイや船など一部の特殊商品は、出品システム料が異なってきます。

ヤフオクの出品方法は主に2つある

まず最初にヤフオクで出品するためには、出品者登録の手続きが必要になります。

Yahoo!プレミアム(有料)の会員にならないと出品できませんので、まずは登録しましょう!

ヤフオクで物が売れていけば、Yahoo!プレミアムの月額利用料なんて、あっという間に回収できます!

それでも、もっと月額利用料を安くしたいのであれば、クレジットカードのYahoo! JAPANカードを申し込むと同時にYahoo!プレミアムの会員になれば、2ヶ月間無料で使えるので、ぜひ活用してみてください。

では本題に入ってヤフオクの出品方法は2つあります。

・オークション出品:入札により価格がつり上がっていくオークション形式での出品(定額出品も可能)

・フリマ出品:手軽な定額出品

フリマ出品はメルカリなどのフリマアプリに近い出品方法です。

商品によっては、従来のオークション出品よりも早く売れることがあります。

しかし、オークション形式でも定額出品はできるため、出品方法に迷ったら「オークション出品」を選択しておくことをオススメします。

ヤフオク出品の流れ

ヤフオク出品の流れは以下の通りになります。

以下の通りにやっていけば問題なく出品できるので、ぜひ初心者の方はチャレンジしてみてください。

取引の流れは以下のサイトでも詳しく紹介されていますので、詳しく知りたい方は以下のサイトも参考にしてみてください!

最初に

ヤフオクのページから「出品する」を選ぶと、初回の場合は出品者情報登録画面になります。

氏名や住所などを入力して「確認する」ボタンを押してください。

登録しておくことで、売れた際のやり取りがとても楽になりますよ。

出品者情報の開示に同意して、登録しておいてください。

出品者情報の登録ができたら、続いて銀行情報の登録もしておくことをオススメします。

かんたん決済以外の取引をするなら銀行を使うことになるので。

次にゆうちょ銀行もしくは普通の銀行を選びます。

銀行は、ネット銀行も選ぶ事ができます。

他にはジャパンネット銀行にも対応しています。

銀行情報を入力したら確認画面になるので、登録しておいてください。

これらの登録が終われば、次はいよいよ出品です!

この作業は最初の1回だけなので、安心してください!

出品カテゴリの選択

出品しようとすると、カテゴリ選択画面に移動します。

自分が出品する商品のカテゴリを選択してください。

何度も出品して思いますが、カテゴリの選び方は結構分かりにくいです。

細かなところはいいので、だいたい当てはまるカテゴリを選んでください。

カテゴリが決まれば、一番右に出てくる「このカテゴリに出品」を押しましょう!

出品画面に移動すると、入力前に注意事項が出てきます。

次へ行くには「開く」ボタンを押してください。

タイトル・終了時間などの設定をしよう!

出品情報を必須項目に沿って入力してください。

最も重要なのはタイトルの入力になります!

商品のキーワードや型番をタイトルに盛り込まないと、検索に引っかからないので気を付ける必要があります。

コツとしては名称がアルファベットの場合は、カタカナ表記もタイトルに含めると検索にヒットしやすくなりますよ!

販売形式は「入札形式」か「即決価格」かを選択する事ができます。

相場が決まっている商品は、即決の方が早く落札されることがあるので、定額での出品も活用していくことをオススメします。

過去の落札相場を知りたい際はオークファンをチェックすることをオススメします。

無料会員でも利用できるので、とても便利ですよ!

開催期間では、出品の終了時間を設定します。

日曜日の22時〜24時は、利用者が多い時間帯なので、とてもオススメの時間帯です!

主婦やビジネスマンなど、ターゲット層の活動時間に合わせて設定するのも一つの方法になります。

画像を設定しよう!

商品画像は、ヤフオク出品においてタイトルと同様にとても重要になってきます。

画像の有無だけでなく、見やすさなどによっても、落札率が大きく異なるので、しっかり撮りましょう!

画像は10枚まで登録することができます。

スマートフォンやパソコンから最適な画像をアップロードしてください。

有料オプションは使わなくても問題ない!

その他の設定では有料のオプションをつける事ができます。

しかし、有料オプション設定は基本的に設定しなくていいです。

商品タイトルと画像をきちんと作っていて、あとは需要さえあれば必ず売れますので!

商品落札後の流れ

商品が無事に落札されたら、落札者と連絡を取り合うことになります。

落札に対するお礼のメッセージを送る上で、支払い方法や発送方法について連絡してください。

自動メールを送るツールなどを活用するのもオススメです。

取引での対応が最終的な評価にも関わるので、迅速・丁寧な対応を心がけてください。

取引の連絡をする!

商品が落札されて売れたら、前述でも述べましたが落札者とメッセージのやり取りを行います。

ヤフオクの出品終了画面に、自分の出品してた商品が表示されます。

メッセージを送るには、右側にある「取引連絡」ボタンを押してください。

その後、相手から商品代金を振り込んでもらうことになります。

振込が確認できましたら、入金確認のメッセージを送って、商品発送のメッセージを送りましょう。

相手は、見知らぬ人との金線のやり取りに対して不安を感じていることが多いので、できる限り早くメッセージを送るのがコツです。

リアルタイムでの返信は無理だと思いますので、せめて3〜12時間に1度はメッセージを確認して、返信できる時間を作っておくのがいいですよ。

私も過去に、うっかりメッセージを返すのが遅くなってしまい、相手を不安にさせてしまったことがあります。

当然ではありますが商品の発送は、丁寧に梱包して送りましょう!

割れるおそれのあるものは、プチプチに包むなどすれば問題ないかと思います。

相手の立場にたって梱包すれば間違いなく問題ないです。

今はより取引が簡単になって、昔よりも自動化されているところが多いです。

落札してもらった時点で相手に支払先情報が伝わるようになっています。

相手が支払い完了したタイミングで、こちらにお届け先情報が伝わりますので、あとは発送するだけ!といういたって簡単な流れになります。

最後に評価を忘れずに!

ヤフオクでは、双方の評価をすることで取引終了となります。

評価については、基本的に「非常に良い」としておけば問題はありません。

評価が「悪い」以下になるのは、取引上で大きなトラブルがあり、それをスムーズに解決できなかった場合にといった感じです。

ラブルや不満をきちんと解消できた場合は、「普通」に留めておきましょう!

オークションはあくまでも個人間の取引であるため、完璧な取引を求めることは避けてください。

まとめ

今回、ヤフオクの流れについて詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ヤフオクでの出品に慣れないうちは、失敗したり、困ったりすることもあります。

しかし、常に慎重かつ真摯な態度で相手に接していくことで、大きな問題になることはありません!

ぜひ新たな販路として活用してみてください!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事