ラクマユーザーは必見!楽天銀行のメリットとは?ラクマを利用している人は開設すべき理由について紹介!

不用品をフリマサイトで販売するのは今では当たり前になっています。

物を大切に使えて、節約やお小遣い稼ぎにもなるフリマサイトが毎日の生活に欠かせない人もいるのではないでしょうか?

そんなフリマサイトの中でも、ラクマは手数料が安くてリーズナブルに利用できると人気の高いフリマアプリです。

そんなフリマアプリの「ラクマ」をさらにお得に使える裏技があることを知っていましたか?

それは楽天銀行を活用する方法です!

そこで今回、楽天銀行でラクマをお得に利用する方法について紹介します!

そもそも楽天銀行ってどんな銀行?

楽天銀行はその名の通り楽天が提供している銀行で国内最大級のインターネットバンキングになります。

一般的な銀行とは異なり、ネット銀行は対面の店舗を持っていないのが特徴的です!

インターネット上での取引を中心に営業し、店舗がないぶん振り込みやATMの手数料などは一般の銀行よりも安く提供されています。

また金利も一般の銀行よりも高金利となっています。

利用も24時間利用することができ、ネット環境があればどこでも利用することができます!

また、楽天銀行では楽天グループが提供するサービスと併用できることも特徴です。

楽天証券や楽天カードとの併用もでき、ポイントが貯まりやすくなっています。

楽天銀行のメリット

楽天銀行を開設することで起きる主なメリットは以下の通りです。

1.コンビニATMでいつでも利用することができる!

2.ATM手数料が無料!(一ヶ月に最大7回まで!*条件あり)

3.その他銀行への振り込み手数料が無料!(一ヶ月に最大3回まで*条件あり)

4.楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる!

5.ラクマの振り込み手数料が無料!(1回1万円以上の場合)

6.スマホからでも利用可能!

この中でも楽天銀行を使うべき理由は「手数料が無料!」「その他銀行への振り込み手数料が無料!」「楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる!」「ラクマの振り込み手数料が無料!(1回1万円以上の場合)」といった点ではないでしょうか?

ATM手数料が無料!(一ヶ月に最大7回まで)

楽天銀行で新規口座を開設すると、6ヶ月間ATM手数料が月5回無料になります。

また7ヶ月目以降も無料でエントリーできる優待プログラム「ハッピープログラム」に参加することで、月最大7回無料にすることができます。

ハッピープログラムは楽天銀行に預けている金額が多くなるほど、多彩な優遇を受けられるサービスです。

10万円以上預けていると月1回ATM利用手数料が無料になります。

「50万円以上預けていると月2回」「100万円以上預けていると月5回」「300万円以上預けていると月7回まで」ATM利用手数料が無料になります。

もし複数の銀行に口座を分けているのであれば、利用にあたって楽天銀行に集約するのもいいかもしれません!

その他銀行への振り込み手数料が無料!(一ヶ月に最大3回まで)

最大月3回まで、他行振込手数料が無料になります。

もし毎月振込があるのであれば、楽天銀行に切り替えることで振込手数料を節約することができます!

他行振込手数料が無料になる回数は、ATM手数料と同じく「楽天銀行の残高」か「取引件数」によって回数が変わります。

銀行の残高が多くなるほどお得になるため、振込手数料が高いと感じている方はぜひ楽天銀行を利用することをオススメします!

楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる!

楽天が運営するポイントサービス「楽天スーパーポイント」は、楽天市場だけでなく「楽天ブックス・楽天トラベル・楽天オークション」などでお得に利用することができます。

このとき通常商品の購入金額の1%がポイントとして貯まり、1ポイント=1円として利用することができます。

通常ポイントの有効期限は、最後にポイントの付与があった日から約1年間。ポイントはATM利用手数料の場合と同じく、預ける金額や取引件数に応じてポイント獲得倍率が増えていき、最大3倍にもなります

例えば、5万円の商品を購入した場合、最大3倍のポイント獲得倍率であれば、5万円×3%=1,500円分のポイントをゲットできることになります。

楽天市場をよく利用する方なら、あっという間に1万円分以上のポイントを貯めることができるでしょう!

ラクマの振り込み手数料が無料!(1回1万円以上の場合)

タイトルにも紹介しているようにラクマを利用している人は開設すべき理由は「売り上げを振り込む際の手数料が無料になる!」からです。

売上金は1万円以上じゃないと振り込み手数料は無料になりませんが、メルカリに比べると断然お得です!

かつてメルカリも1万円以上の銀行振込は無料でしたが、2019年4月末から1万円以上でも216円必要になりました。

しかし、「人によっては楽天銀行で受け取っても楽天銀行経由での使い道がない!」「楽天銀行からその他銀行に振り込みできたとしても無料にできる回数が限られているからあまり意味がない!」など色々不安点があるかと思います。

そこで便利なのが楽天グループが提供するオンライン電子マネー「楽天キャッシュへのチャージ」です!

ラクマの売上金を楽天キャッシュに替えることで「楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックス」など楽天グループのサービスのほかにも、QRコード決済の楽天ペイを介して街ナカやネットの楽天ペイ加盟店で支払いに使えるようになったので、使い道がグンっと広がりますよ!

楽天キャッシュのチャージは2つあります。

・楽天ペイアプリからチャージ(楽天カード・楽天銀行)

・ラクマアプリからチャージ(売上金)

ラクマアプリからチャージした場合でも、楽天ペイで実店舗払いをするには別で、楽天ペイのアプリをインストールする必要があります。

楽天キャッシュのチャージする方法

ラクマアプリのマイページから「売上・ポイント管理」を開き、「楽天キャッシュにチャージ」を選択すると手数料無料ですぐにチャージできます!

チャージ金額には下限はありませんが上限はあり、月にチャージできるのは10万円まで。チャージ回数には特に制限はありません。

いったんチャージしたらラクマ内の売上金には戻せませんが、楽天キャッシュは楽天ペイを介してラクマでの購入にも使えるので、売上金を現金で振り込んでほしい方以外はとりあえず楽天キャッシュにチャージしてもいいかもしれませんね。

ラクマの売上金は1年間アプリ利用がないと振込もラクマでの購入もできなくなりますが、楽天キャッシュのほうは最後の利用から10年間は有効になります。

その観点からもラクマでひんぱんに売り買いされる方以外は楽天キャッシュにチャージしておいたほうが安心!

ただし、1つのラクマアカウントには1つの楽天アカウントしか連携できず、連携の変更もできないので複数の楽天アカウントを持っている方はどのアカウントを使うか最初に十分検討した上でチャージしましょう!

楽天銀行のデメリット

楽天銀行にはメリットがたくさんありますが、デメリットも残念ながらちょくちょくありません。

主に「ATMを使って楽天銀行に入金する額が3万円未満だと手数料が発生する」「ほかのネットバンクよりも手数料が高い」といった点と言えます。

ATMを使って楽天銀行に入金する額が3万円未満だと手数料が発生する

ATMを使って楽天銀行に入金する際に、3万円未満だと入金手数料がかかってしまいます。

逆に3万円以上の入金であれば手数料は無料になります。

なので、少額を楽天銀行に入金する際は注意する必要があります。

ほかのネットバンクよりも手数料が高い

メガバンクや地方銀行よりは安いのですが、ほかのネットバンクに比べると楽天銀行の振込手数料やATM手数料などの手数料は高い傾向にあります。

振込手数料やATM手数料が月に何回か無料になるハッピープログラムを上手に活用するといいですね!

楽天銀行の残高・取引件数を増やしていけば、ほかのネットバンクよりも有利になります。

まとめ

今回、ラクマユーザーは楽天銀行を開設すべき理由、楽天銀行のメリット・デメリットについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ラクマユーザーは楽天銀行を活用することで、ラクマだけではなく、楽天関連のサービスがとてもお得に利用することができるので、ぜひ開設しましょう!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事