不在票を失くすもしくは無かったとしても大丈夫!佐川急便の再配達を依頼する方法とは?

基本的に佐川急便から送られてきた荷物の再配達を依頼する方法は郵便受けに入れられている不在通知(ご不在連絡票)を確認し、「再配達自動受付センターの電話番号に電話」もしくは「インターネットで依頼する」ことで再配達してくれます。

他にもお荷物番号、再配達希望時間が載っていて、どちらも電話で再配達の依頼をしたときに使います。

しかし、佐川急便で配送中の荷物を追跡したときに「持ち帰り」となっているのに郵便受けに不在連絡票がない場合もあります。

今回、佐川急便の再配達の方法ともし不在票が無かった場合の再配達を依頼する方法について紹介します。

佐川急便の荷物を追跡したいけどエラーできない場合についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

再配達を依頼する方法

最初にも紹介しましたが、佐川急便の再配達を依頼する方法は「電話」「インターネット」の2つの方法で依頼することができます。

各方法について紹介していきます。

電話の場合

電話で依頼する場合は不在票に記載されている再配達自動受付センターの電話番号に電話すれば、再配達の依頼ができます。

自動音声案内なので、あとは言われた通りに番号を入力していくだけです!

インターネットの場合

インターネットの場合は佐川急便の公式サイト「Web再配達受付サービス」を利用することによりインターネットから再配達を依頼することができます。

佐川急便の不在連絡票がポストに入っていたときには一度インターネットから再配達を依頼してみてはいかがでしょうか?

やり方

佐川急便でインターネットから再配達を受付すう方法は、全然難しくないです。

まずはパソコンや携帯を使って「佐川急便 再配達」で検索し、「Web再配達受付サービス」のページを表示させます。

そして、営業所番号(4桁の数字)とお問い合わせ送り状No(10桁もしくは12桁の数字)を入力します。

営業所番号とお問い合わせ送り状Noは不在連絡票に記載されています。

営業所番号とお問い合わせ送り状Noを入力したら、「次へ」をクリックします。

あとは配達希望日や配達希望時間帯などを選択していけば、再配達の受付は完了です。

自分で営業所まで受取りに行く場合、不在連絡票・印鑑・本人と確認ができる公的証明(運転免許証・パスポートなど)を持っていく必要があるので注意してください。

不在票をなくしてしまったら?

自宅の郵便受けに不在連絡票がない場合や紛失してしまった場合でも実は追跡番号(お問い合せ送り状NO)があれば再配達を依頼することが出来ます。

不在連絡票がない場合の再配達依頼は追跡結果に表示されている最新のステータスの担当営業所の電話番号に電話をする方法になります。

もし追跡番号をお持ちでない方は佐川急便で荷物を送った方に電話やメールで確認することで教えてもらってください。

当日中の再配達締切時間

佐川急便で当日中の再配達を依頼することが出来るのは夕方の18時までとなりました。

それ以降の時間に再配達の依頼をする場合は翌日以降の配達になります。

再配達依頼時に指定出来る時間帯は「午前中」「12〜14時」「14時〜16時」「16時〜18時」「18時〜20時」「19時〜21時」のいずれかになります。

また、佐川急便の営業所での荷物の保管期間は1週間で、この期間を過ぎると荷物の差出人のところに返送されてしまいます。

なので再配達依頼を早めにするか、保管期間を延長するかを必ず行うようにしましょう!

保管期間を延長を依頼するには営業所に電話して判断してもらいましょう!

まとめ

今回、佐川急便の再配達に依頼する方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

佐川急便の公式サイトにある「Web再配達受付サービス」を利用することで、パソコンや携帯から再配達の受付をすることができるのです。

インターネットを使うことで、簡単に再配達の依頼をすることができるので、ぜひ利用してみてください。

また、もし不在票をなくしたとしても営業所に行かなくても営業所に電話することで再配達は依頼できるので、安心してください!

いずれの方法でもいいですが、営業所での保管期間は1週間なので注意して早く受け取りましょう!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事