ECプラットフォーム「shopify(ショッピファイ)」ってなに?

2017年より日本でも本格展開を開始した世界No1ECサイト作成サービス「Shopify」

日本では、普及途上のため「名前は聞いたことあるけど…」という方も多いのではないでは?

ECサイトをゼロから製作し運営管理を行うのは甚大な労力がかかってしまいます。

そんな時に「shopify」は強い味方になります!

そこで今回「shopify」のメリットやデメリット、導入方法や機能などといったshopifyの基礎知識について紹介します!

利用してみたいけど、有料だから先にまず知っておきたい方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもECサイトとは?

そもそもECサイトという言葉が分からない方もいるかと思います。

ECサイトとは、簡単に言えば通販サイトやオンラインショップ・ネットオークションサイトを総じてECサイトと呼びます。

大手家電量販店で知られる「ヨドバシカメラ」や衣料品のブランドとして高い知名度を誇る「ユニクロ」など、自社ECサイトを運営する有名企業も少なくありません。

ほかにも「Amazon」「楽天市場」のように、様々な商店や企業が出店しているショッピングサイトなども、ECサイトに分類されます。

<h3>Shopifyとは?</h3>

Shopifyは2004年にカナダで創業されたECサイト作成サービスになります。

世界ではシェアNo.1を誇り、世界175ヶ国で利用されています。

2018年には開設ショップ数60万サイト・アクティブユーザー100万人!

Shopify上で購入された総額はなんと7兆円以上と驚異的な数字を誇っています。

日本法人が設立され、Shopifyが本格的に日本に参入したのは2017年。

日本ではまだ知名度は低く、そのため開発を担当している制作会社も少ない状況です。

・Webページに商品を掲載する

・商品の配送方法や決済方法を決める

・ECサイトのデザインをテーマの中から選ぶ

具体的には、上記のような手順に従って操作をするだけでHTMLやプログラミング言語といった専門知識を必要とせずにECサイトを開設することできるのが特徴的です。

Shopifyのメリット

shopifyを利用することでの主なメリットは以下のとおりです。

・導入コストが低い

・簡単にECサイトを構築・運営できる

・多言語・通貨、海外発送に対応している

次に各メリットについて紹介します。

導入コストが低い

Shopifyのメリットの1つ目は、導入コストの低さになります。

Shopifyはベーシックプランで29USドル、スタンダードプランで79USドルと全世界対応のECサイトが作成できるサービスとしてはとても安い価格で利用できます。

また、月額9ドルのLiteプランもあるので価格を抑えたい方にもオススメです!

簡単にECサイトを構築・運営できる

Shopifyは誰でも簡単にECサイトの構築・運営を行うことができます。

さらに、顧客の購入を促進するために様々なサポートサービスを受けられるのもShopifyを利用するメリットの1つと言えます。

多言語・通貨、海外発送に対応している

Shopifyは多言語・通貨、海外発送に対応しています。

なので、越境ECをスムーズに行うことが出来ます。

梱包や発送は自社で行わなければいけませんが「Ship&co」などのShopify対応のアプリを使えば簡単に行うことができます。

設定方法に関しましてはプランに関係なく、ストアを構築する際に配送エリアを配送したい国や地域設定にすれば完了です。

shopifyのデメリット

shopifyの主なデメリットは以下の通りです。

・まだ英語が残されている部分がある

・サポート体制がまだ弱い

・HTMLの知識が必要になる場面も

こちらも各デメリットについて紹介します。

まだ英語が残されている部分がある

Shopify Japanが設立されたこともあり、Shopify内のほとんどの機能を日本語で難なく利用することができます。

ですが、一部のテーマ(サイトデザイン)や最新情報、サードパーティによるアプリにおいては英語が必要となります。

中でも、サードパーティアプリに関しては多くの開発会社が海外に存在し、日本国内ではまだまだ少ないという現状があるため、説明や評判など、英語を必要になる場合があります。

サポート体制がまだ弱い

Shopifyのデメリットの2つ目はサポートの弱さといえます。

ヘルプセンターやサポートセンター・コミュニティフォーラムなどサポートも充実してきているようです。

ですが、質問への回答が3日以上になることもあるようです。

特にサードパーティ関連のものが絡むとShopify・サードパーティ間でのやり取りが発生するので、かなり対応が遅くなるということもあるとのこと。

カスタマーサポートは24時間365日稼働しており、今後サポート体制はどんどん強化されるはずですが、まだまだ十分でないと思われます。

HTMLの知識が必要になる場面も

デメリットの最後は、HTMLの知識が必要になる場面もあるという点です。

Shopifyは基本的にはHTMLの知識がなくても大丈夫なようになっています。

しかし、ECサイトをより良く、売れやすくするためにはHTMLの知識が必要になる場面も出てきます。

「売りたい商品の写真を目立たせたい」「配置を変えたい」「文字の大きさ・色を変えたい」など。

こういった改善改良をするには、やはりHTMLの知識が必要ということは知っておいた方がいいです。

shopifyの機能

shopifyの基本的機能は以下の表通りです。

機能内容機能の利用者
基本設定お店の名前や利用規約などを設定する機能ECサイトの運営者
商品管理商品の名前やサムネイル、値段などを設定する機能
決済方法代引きやコンビニ決済などの決済方法を設定する機能
注文管理注文の受注情報や出荷登録などを管理する機能
顧客管理ユーザーのIDや注文履歴などを管理する機能
ストア分析お店の売上や人気商品などの分析を行う機能
マーケティング検索エンジンの最適化やメルマガの配信などを行う機能
商品ページ商品一覧や商品詳細ページなど、商品情報を表示する機能ユーザー(購入者)
カートチェックアウト決済や配送の方法を決め、実際に商品を購入するカート機能
顧客管理
会員登録やマイページの確認などを行う機能

Shopifyの導入方法

では、実際にShopifyでお店を開きたいと思ってる方は、まずはShopifyのオフィシャルサイトで「無料体験をはじめる」のバナーをクリックしてください。

無料体験の段階ではクレジットカードが不要で、14日間が経過したのちに料金プランを決定する流れになります。

・メールアドレス

・パスワード

・ストア名

・ストアURL

以上の4つを設定することで、お店を開くことができます。

その後、オフィシャルサイトで紹介されている通り、商品の追加や決済方法の設定などを行うことで、実際の店舗運営をスタートさせることができます。

ただし、何を売る場合においてもECサイトに載せられる商品がなくては店舗運営を始められません。

そのため、商品の画像や詳細な情報については企業または店舗運営者が事前に用意する必要があります。

ちなみに、Shopifyは、利用者同士が情報交換をしたり、技術的なディスカッションを行ったりするコミュニティがあります。

必要な時に情報収集が行える場が整っているので、お店の開発や運営に関して分からないことがあった場合は積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

Shopifyの使い方・ストア構築方法

サイト開設後は以下の5つのステップで登録することができます。

・商品登録

・コレクション

・ページ作成

・ストアデザイン

・送料・決済方法設定

といった5つを登録することで基本的な構築ができます!

まとめ

今回、「shopify」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

国内だけでなく国外も視野に入れてECサイトの開設を検討している方は、ぜひShopifyを利用してみてはいかがでしょうか。

有料にはなかなか手を出せない!という方には「BASE」がオススメ!

「BASE」は全て無料でかつ無料のテンプレートが多数あるので、初心者でも簡単にできちゃいます!

BASEについても詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク
オススメの記事