誰でも簡単に無料でネット販売ができる!「cafe24」について徹底解説!

cafe24は2018年10月からのサービスリリースという事もあり、国内におけるECカート市場の中では若い部類のサービスですので、BASE (ベイス)やSTORESなどのサービスに比べて認知度は知られていません。

そこで今回、無料でネットショップを構築できるサービスであるCafe24について紹介していきます。

cafe24とは?

CAFE24はJAPAN株式会社が提供する「無料のネットショップ作成ツール」になります。

国内販売はもちろん、多言語・多通貨に対応した越境ECを作ることができます。

Cafe24はネットショップ構築を主軸として「広告運用・マーケティング・配送面」などに関するECサイト運営に必要な様々なサービスも提供しています。

また、Cafe24は国内のネット販売だけではなく、海外販売、いわゆる「越境EC」にも対応できるという強みもあります。

ビッグデータ∙人工知能(AI)サービス

運用効率と売上向上を支援するビッグデータ・人工知能(AI)基盤のサービスが提供されています。

多数の商品画像を自動で分類するサービス、顧客の行動分析を通じておすすめ商品を提示するサービスなどを利用することができます。

このサービスによってEC事業者は、運営効率と売上向上を目指すことができます。

検索エンジン最適化(SEO)機能

検索エンジンなどで自社ECサイトの商品ページを表示できるSEO対策も対応しています。

全商品ページの「メタタグとタイトルタグ一括登録」機能、「検索エンジンフレンドリーURL設定」などのシステムを利用することができます。

簡単に言えば、サイトで利用されているシステムをこのcafe24でも利用することができるので、商品へのアクセスが向上が見込まれます。

cafe24のメリット

ランニングコストがほぼゼロ

ネットショップを運営するうえで初心者が気になることは「初期費用」「イニシャルコスト」が気になるかと思います。

実際にショップ運営を開始してからは月額費用や手数料などのランニングコストの面も気になるかと思います。

有料系ECカートサービスを使ってネットショップを開設すると、せっかくネットショップを開設しても利益よりもランニングコストの方が上回ってしまう方が多くいます。

そうなると結果として赤字運営状態になってしまう場合があります。

なので、ネットショップ運営をするのが初めての方にとっては始めるのに躊躇してしまう方かと思います。

そんな中でCafe24は月額利用料は無料ですし、販売時の手数料もかかることはありません。

しかし、クレジットカード決済やコンビニ決済などの「決済手数料」に関しては、各決済サービスが規定している料率の手数料が必要になってしまいます。

ですが、この点に関しては他のECカートサービスにも言える共通の手数料なので、気にする必要はありません。

一般的にクレジットカード決済の手数料は3~5%程度になるので、決済手数料に関してはどのサービスを利用しても必要となるランニングコストになります。

様々な種類の商品を販売できる

実店舗の場合、賃貸料を含め固定費用が発生します。

そのため、安定した収益が得られる商品を中心に商品ラインナップを構成する必要があります。

条件によって異なる場合もありますが、基本的にネットショップの運営コストや維持管理費は、実店舗に比べて低く抑えることができます。

そのため、ネットショップならこのようなメリットを活かしてニッチ商品などのターゲット層にフォーカスした商品を販売することができます。

オリジナリティ溢れる商品のラインナップによって差別化をすることができます。

初心者も数回クリックで簡単にデザイン制作ができる

「ドラッグ・アンド・ドロップ」操作で、初心者でも簡単にデザインの作成や編集ができます。

デザインソースをクリックし、編集画面にドラッグするだけで、自動でデザインが完成されるため、初心者もIT専門家に頼らず簡単に自分のネットショップを作成することができます。

400種類のデザインソースによるカスタマイズ制作ができる

最新のトレンドを取り入れた400種類以上のデザインソースが提供されています。

ショップ運営者は「メイン画像」「商品メニュー」「レビュー機能」などを自分の好きなデザインにカスタマイズでき、オリジナルのショップページを作成ができます。

季節やイベントごとに自由にデザイン変更ができるので、ユーザーを飽きさせないショップデザインを作ることができます。

また、英語・中国語・ベトナム語など8つの言語への対応もおこない、グローバル市場への展開もしやすくなっています。

cafe24のメリットの詳細は以下の公式サイトでも紹介されているので、確認してみてください!

cafe24のデメリット

決済手段は別途申請が必要になる

Cafe24でネットショップを開設した際に、決済手段については個別に申請が必要になります。

クレジットカード決済などのサービスは、決済を提供する会社それぞれとの個別の契約が必要になるので、一定の審査も設けられています。

個人の方が副業などを目的としてECサイトを構築する場合に、このクレジットカード決済導入の審査がハードルになるのではないでしょうか。

個人的にオススメの決済手段は世界中で利用されている「PAYPAL(ペイパル)」です。

PAYPALは世界で利用されているので、安心かつ安全に利用できることで人気があります。

そして、海外にも展開したい方は特に決済手段として導入することをオススメします。

PAYPALについても詳しく紹介しているので、参考にしてみてください!

導入事例がまだ少ない

Cafe24は世界ではすでに導入事例がありますが、日本では、まだ2018年10月からのサービスリリースされたばかりです。

なので、まだ実際に導入されているショップ事例が他のECカートサービスと比較して少ないのが実情です。

現状としてはすでにCafe24のシステムを導入してネットショップを運営されている事業者の方が増えている状況にあり、大手アパレル、コスメ、カー用品などの導入事例が増えている状況です。

なので、今後様々なジャンルの企業での導入実績が増えていくと思われるので、そこまで大きなデメリットではないと思います。

cafe24の導入の流れ

cafe24のメリットや特徴について紹介しましたが、次に導入方法に紹介します。

Cafe24でネットショップを開設するには、以下の公式ページから手続きすることができます!

必要事項を入力する

Googleアカウント、もしくはFacebookのログインを利用する方は「SNSかんたん会員登録」を使えば簡単にアカウント開設ができます。

ただ、人によってはアカウント連携に抵抗があるという方もいるかと思います。

会社のネットショップを開設する場合に個人のSNSアカウントで連携するというのが不都合になるケースもあります

そういった場合には、Eメールアドレスで会員登録することもできます。

Eメールアドレスによる会員登録の際には、以下の必要事項を入力する必要があります。

・ID(自分の任意のIDを入力します)

・パスワード(パスワード確認の入力も必要)

・名前

・連絡先(電話番号)

・メールアドレス

・cafe24ネットショップホスティングの利用規約・個人情報保護方針への同意

・メルマガ(広告メール)の受信への同意(任意)

上記の必要事項を入力したあとに、「登録する」ボタンを押せばネットショップのアカウントの作成は完了です!

とても簡単じゃないですか?!

まとめ

今回、「cafe24」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

Cafe24は国内でのサービスリリースが2018年10月と比較的最近であることもあり、まだまだ知らない方が多いカートサービスになります。

コストパフォーマンス面ではゼロコストで運用できるうえに、複数のネットショップを同時に展開できるという点、海外販売にも対応できるという点などが主なメリットになります。

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中で今後もオンライン需要はますます高まる傾向にあります。

そんな中で無料でスタートできるECカートサービスとしてCafe24の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

スポンサーリンク
オススメの記事